小型バイオマス発電について

46b03236f30ba7c4ab7436233ceb0227_m.jpg 0a043c9a94a1d2d2a5c0b34001f4ab5d_m.jpg

今こそ小型バイオマス発電の活用を!

小型バイオマス発電設備

小型バイオマス発電をお勧めする理由について

2017年からスタートした改正FIT法以来、バイオマス発電の申請は急激に増加しております。中でも買取価格は高いが調達が難しい間伐材、その次に価格が高い大規模運転に適した一般木材を燃料とした設備での申請が増えています。そのため、各地で20年運転し続けるための燃料確保が非常に重要な要素といえます。

しかしながら、20年運転し続けるための燃料確保が非常に重要な要素となっているにも関わらず、国内の森林蓄積量に対して木材生産量を比較すると、海外に比べて利用度が非常に低いのが現状です。

今も年々森林蓄積量は増加していますが、山の境界線未確定による森林経営計画を策定できず山に入れない地域、人手不足や資金不足による効率的な機械の未導入、土地の問題で貯木場が作れない等の影響により伐採が追い付かないという問題が各地で起こっています。

このように国内で伐採者不足や運搬コストが高騰している現状では、大規模のバイオマス発電所への燃料調達を長期間供給維持・確保することは、極めて困難であることが予想されます。

そこで、1基で年間約700t程度(含水率50%)しか使用しない小型バイオマス発電であれば、一つの地域だけで木材供給業者が供給可能な量を賄える範囲は約2000~5000t/年程度が多いため、国内では大型よりも「小型バイオマス発電」をお勧めしている理由です。

内陸になればなるほど小型バイオマス発電は活躍します。ぜひご検討ください。

小型バイオマス発電設備の設置例

1基設置の場合

1基設置の場合

FITを前提にしても1基だけでは現状採算が合わないため、自家消費型での設置が望ましいです。

近隣に複数台設置を前提とした場合はこの限りではありません。

2基設置の場合

2基設置の場合

FIT申請を想定し、2つの事業者が近接地に設置した場合は、燃料供給部分の設備を共有して使用することで、導入・運営コストを抑えることが可能です。

3基設置の場合

3基設置の場合

高圧連係が可能な場所では、発電機3台(計150kW)とサイロ2台+乾燥機2台を1ユニットとすることで、設置・運営コストを抑えつつ効率的に管理することが可能になります。

系統連系の容量や燃料供給に余裕がある場合は、ユニット数を増やして対応していきます。

小型バイオマス発電システム サテライト計画

小型バイオマス発電システムサテライト計画

小型バイオマス発電 サテライト計画

各地域で管理しきれていない地域の山林を、地場の森林組合や木材会社等と共同運用・管理を行い、森林伐採、チップ加工、運搬、消費まで共同体で行います。

共同体となることでそれぞれの分担作業に収益が発生し、長期的に安定化した利益をそれぞれが確保できるのが本ビジネスモデルの強みになります。また、チップ加工工場を軸に周囲の供給可能な距離に小型バイオマス発電を複数台設置することで、共同体の収益強化を図ります。

複数台のうち、いくつかの小型バイオマス発電設備には自ら発電設備を運営をしたいオーナーを募集し、引き渡します。オーナーは燃料調達の心配なく運用に専念でき、共同体は新たなチップ供給先を確保すると同時にメンテナンスを請け負うことで新たな収益と雇用が発生し、自治体にはオーナーから税金を納めて頂くことでこちらも新たな収益が発生します。

このように、全てにメリットが享受することができる小型バイオマス発電システムサテライト計画を弊社は推進しています。